« 2011年3月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年4月

2012/04/30

探偵はバーにいる つづき

つづきです。

「探偵は吹雪の果てに」
・ひょんな事から昔の女に出会い、そして依頼された田舎町への伝言。地方の小さな街の都合と現状をつづります。前作でちょっとした出来事があり、その後、どうなるんだろうと思ったら、今作では、一気に十数年の歳月とともに、その回想が入り、ああやっぱりと。
個人評価:☆☆☆☆☆

「駆けてきた少女」
・初っぱなで刺されるところから始まり、とある少女を調べることになる”俺”。その後、話が二転三転し、結果、何が解決したのかしなかったのか、ちょっと混乱してしまいます。
個人評価:☆

「ライト・グッドバイ」
・行方不明になった女子高生の有力容疑者と友人になれと依頼される”俺”。気が向かないまま、ちょっとずつはまり込んでいく”俺”。
最初から犯人がわかっている状態でどう話をつないでいくかが見所です。
個人評価:☆☆

「探偵、暁に走る」
・ひょんな事で知り合った、作家の死をきっかけに詐欺グループを含む組織犯罪に巻き込まれる”俺”。最終的に絶体絶命の状態まで追い込まれるが。
あいかわらず、話のきっかけとは全く別の事件に巻き込まれていくことがこのシリーズの特徴でしょうか。「ライトグッドバイ」で出てきた、自衛隊上がりの絶世の美おかまが活躍します。
個人評価:☆☆☆

「半端者」
・大学生時代の若き日の”俺”。すすきのという街にとけ込んでいく様や、”桐原”、”ケラー・オオハタ”、”さくらば”といったシリーズのメインキャストや場所へのかかわりがつぶさに説明されます。お話自体は、事件というより、どうやって今の”俺”ができあがったかがメインでしょうか。
個人評価:☆☆☆

「旧友は春に帰る」
・初作「探偵はバーにいる」のモンローが突然連絡をよこすところから話が始まります。”俺”をふくめ、昔は絶世の美女だったモンローなど、50を過ぎた出演者たちの老いを乗せながら話が進みます。
個人評価:☆☆☆

と全11作。作品によっては、中盤の中だるみや、話が途中から変わってしまい、最初の事件はどうなった?的な展開も多々ありますが、個人的には、自分がすすきので飲むようになった頃から、現在のすすきのの状況をかいま見ることができる面白い作品の数々でした。

一緒に読んでるかみさんも、”この主人公、朝から、昼から酒が飲めて楽しい人生だよねぇ”って。たしかに、あこがれです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/29

探偵はBARにいる

昨年映画化され、舞台がすすきのということもあって気になっていた東 直巳の”すすきの探偵シリーズ”(このサブタイトルもうちょっとどうにかならなかったのか...)を読了しました。

シリーズ的には、全11作(長編10作、短編集1作)あり、最後に読んだ一つは、仕事の忙しさにかまけて時間がかかってしまいましたが、それ以外は、1冊1週間ぐらいのペースで読むことができる、面白いシリーズでした。

以下、あらすじ付き感想をまとめます。

続きを読む "探偵はBARにいる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/08

ソウルの食べログ その1

しばらく、140文字くらいしか書くことがなくてやめてしまっていた、ココログ。
今年に入って、仕事のアサインメントの関係でちょっとやることが変わったおかげで、韓国・ソウルへすでに4回出張に行き、地元の方に連れて行ってもらった、お店の情報を残そうと、思い立ちました。

ソウルには、数年前、家族旅行で一度だけ行ったことがあり、今回が2度目となります。

前回、子供も小さいのであまりネイティブすぎない焼き肉屋ということで調べていった、梨泰院の「牛里ガーデン」というお店を、同僚と再訪しましたので、まずはこちらのお店を紹介します。

続きを読む "ソウルの食べログ その1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2013年1月 »