« 2013年3月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年5月

2013/05/27

中国式ダイエット

二週間の出張を終え、無事帰国しました。

帰りは、例によって龍陽路から浦東まで磁浮快車を使うため、ホテルから駅までタクシー。
今回は、本物のタクシーに乗れたので、50元ちょっと!行きの1/8ですた。。。
帰り道は、特にこれといった問題なく、空港に着きチェックインし、出国手続き。メールで指示された化粧品を購入しつつ、いつもの通り、一番外れのゲートまで歩いていくと、ゲートが変わったとのこと!慌てて、出国カウンター付近のゲートまで戻ると、既にボーディングが始まってました。
若干、離陸に時間は食ったモノのの無事、帰国することが出来ました。
帰って、極々普通の晩飯を食って早めの就寝したのですが、明け方、お腹に異変を感じて、トイレに行くと”シャー”という感じの下りっぷりです。その後、腹痛もやってきて、昼過ぎは熱も出てきました。
”あ~、明日も熱下がらなきゃ、保健所だなぁ”なぞと考えながら、時折襲う腹痛と便意。そして熱の怠さ。
結局、夜には、熱も下がりましたが、腹痛のため、丸二日間、寝たきり状態でした。
翌日には、アポもあったのでしっくり来ないお腹を抱えつつ、出社し、なんとか切り抜けましたが、お昼は、翌日も食べる気がせず、結果、4日間で7食程度という過ごし方でした。
お腹を壊してから5日目、もしかしたら痩せたかもという淡い期待で載った体重計、なんと出張前に比べて4kg減!この数日間というより、出張も合わせての減量とはなったのでしょうけど、顔の輪郭も厚皮1枚分くらいはほっそりした気がします^^
かみさんからは、お腹壊してのダイエットは、直ぐリバウンドするよっていうのを肝に銘じつつ、ちょっとだけ気をつける毎日です。
ちなみに何故お腹を壊したかは、未だに謎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/10

白タク

約半年ぶりに上海にやってきて、初日に白タクに乗るというミスを犯しました。

まあ、言葉もわからず、片言の英語だけでなんとかしようという時点で無理もありますが。
上海 浦東空港に着いて、いつもなら迷わずタクシー乗り場からタクシーに乗るところ、時間も早かったんで、一度は乗りたいリニアモーターカーに乗ろうと、勇んで乗り場へ。
なんの問題もなく、あっさりリニアに乗り、時速300Km/hの表示に盛り上がる白人グループを脇目にしながら、あっさりと龍陽路駅に到着。

意気揚々とタクシーを探しながら、駅の階段を下りると、タクシー乗り場っぽい看板が通りの向こうに見え、手前にも何台かのタクシーが並んでます。
深く考えずに手前のタクシーに乗り込もうとして、どこまでだと聞かれ、手持ちのGoogle Mapをプリントしたのを示しながら、住所を伝えると、なんとか通じたようで、トランクに荷物を載せ、車の中へ。
その後、再度、地図を見ながら行き先を確認されてやり取りがあってやっと出発、となったところで、メータがなんか変なのと運転手の身分証明書が無いのに気付いた時には、後の祭りです。
しかも、走り出して直ぐに、ドアのロックのぽっちが外されてる。。。窓のスイッチも壊されてる。。。
あぁ、、もう白タク決定っていう時点でかなりお先真っ暗になりましたが、途中、携帯でマップを見る限りでは、目的地には、向かってくれてるようで、後の不安は、荷物は、ちゃんとトランクに載ってるんだろうか?でした。
かなりブルー入りながら、なんとか目的に到着。請求された金額は、通常料金の6倍強!浦東空港からでも往復乗れる金額です。
さんざん高い、まけろ、これにしか持って無いを繰り返しながら、”なら駅に戻るか?”を繰り返しながら、ほんの気持ち程度まけさせて、降りることが出来ました。荷物も無事、手元にもどり、なんとか一息つくことが出来ました。
後から、上海人に、”ああ、あの駅の前で止まって待ってるのはダメですよ。車から降りて待ってるタクシーなんて無いですから”。ん~確かに。。。
見た目は、タクシーの古いのを使ってるから、見たまんまだし、あとは、中の運転手の許可証が無いとかメータにへんな目隠ししてるとかでしょうか。
まあ、観光客狙いなんで、場所柄や、荷物もポイントでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2014年1月 »