« 2013年5月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014/01/28

やっぱりタクシーは苦手--;

今年からは、中国での稼働を増やすと宣言されて、早速、正月早々、上海に行ってきました。

龍陽路の駅はかなり改善されてきているようだったのですが、やはり無難に空港からタクシーをゲットすることにしました。
タクシー乗り場の指図しているおじさんに、宿がサービスアパートメントな事もあり、ホテル名ではなく通り名で告げると、そのまま止まってるタクシーに乗れと指さされ、荷物をトランクに入れ乗り込むと、助手席正面にいつもはあるはずのドライバー証が無い!しかも、メーターの金額表示がレシートで隠れてる!さらにドアロックのポッチが外れてる!
あぁ~、また変なタクシー乗っちゃった~。と意気消沈しながら、窓の開閉ボタンを押すと、一応、窓が動き、少しだけホッ、、、
その後、高速をまさに矢のように飛ばす運ちゃん、辺りはすっかり夕闇に包まれる中、ふと気づくと、ライトつけて無い?しかも、ほぼ車線と車線のど真ん中(つまりラインの真上)を爆走します。
金額も判らず、暗闇を爆走し、到着早々、かなり凹んだ状態で1時間ほど過ごし、なんとか無事アパートに到着したところ、金額は、ごく普通、しかも発票も普通に発行して貰って無事下車することができました。
結局、本物のタクシーかどうかは判らずじまいでしたが、たぶん、運転手が正規の人では無かったのかなと思いました。
以前、こちらのパートナーの中国の方から、上海では、濃い色のタクシーは気をつけた方がいいとは言われてましたが、まさか空港のタクシー乗り場でもその有様かと思い、やっぱり侮れないなぁと再認識した次第です。
気をつけないと。でも、乗っちゃった後じゃ、降りるのはほぼほぼ無理なんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2014年2月 »