« 薬 | トップページ | ものづくりニッポン »

2014/02/06

ローンの借り換え

現在のマンションに住み始めて早10年以上経ち、宵越しの銭を持たない派のウチとしては、繰り上げも殆どせず、だらだらとローンを返し続けてきました。

ところがかみさんが友人と会った際、銀行のローン借り換えは、手続き簡単で結構お得だよ~的な話を聞いて、俄然やる気を出し借り換えのためにここのところ2度銀行を訪ねました。
1度目は、近所の支店の休日ご相談会を予約し、ローン借り換えのプランとシミュレーションをして貰い、1時間ほどで、必要な書類や手続きの手順を聞いてきました。
2度目は、必要書類を揃え、実際に自分の口座のある支店へ予約し、足を運びました。プランは、ほぼ決めているし、後は、金額の確定と申し込み書類の作成だけなので1時間くらいかなぁと訪れたところ、結局、2時間半程度かかってしまいました。しかもその殆どは、銀行側のシミュレーション票の作成と書類のコピー(という名の何らかのオペレーション)。半分以上は、ただただ待ち時間です。
それにしても訪れたのは、世界でも有数なメガバンクのそこそこ大きな支店。申請作業のアナログっぷりには、ビックリさせられました。
なにしろ、ローンの概算や支払金額の計算は、全て電卓とメモ帳(紙の!)です。
最初、応接室が埋まってるとかで、一般窓口で手続きを始めましたが、その窓口には、お客用のディスプレイが設置されており、担当者側には、端末も用意されています。にも関わらず、そこには一切ふれず、ただただ、手書きのメモと電卓です。
ローンの複利計算ぐらい、Excelだってできるだろうし、シミュレーションも客の前でパパパっとやってみせればいいのにって思いました。
もしかしたら、あまりに正確にいろんなバリエーションで説明すると都合の悪いことでもあるのかと勘ぐりたくなるレベルです。
その後、応接室に移動したら、テーブルの上には、印鑑用の朱肉と昔ながらのラバーマットがあるだけ。
まあ、目的が違うのかもしれませんが、今時、ディスプレイぐらい在っても良いんじゃないかと思います。
久しぶりにやたらと字を書かされた数時間でした。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42274/59081672

この記事へのトラックバック一覧です: ローンの借り換え:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)