旅行・地域

2014/11/27

勝手にデトックス

例によって2週間ほど滞在した中国出張から無事帰国しました。
今回は、お腹を壊すこともなく、バスタブに湯を溜めての就寝を心がけ、風邪を引くこともなく無事帰って来られました。
おかげでくだんの出張ダイエットとはいかず、出張前をキープ、または若干重めで帰国しました。

続きを読む "勝手にデトックス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/28

やっぱりタクシーは苦手--;

今年からは、中国での稼働を増やすと宣言されて、早速、正月早々、上海に行ってきました。

龍陽路の駅はかなり改善されてきているようだったのですが、やはり無難に空港からタクシーをゲットすることにしました。
タクシー乗り場の指図しているおじさんに、宿がサービスアパートメントな事もあり、ホテル名ではなく通り名で告げると、そのまま止まってるタクシーに乗れと指さされ、荷物をトランクに入れ乗り込むと、助手席正面にいつもはあるはずのドライバー証が無い!しかも、メーターの金額表示がレシートで隠れてる!さらにドアロックのポッチが外れてる!
あぁ~、また変なタクシー乗っちゃった~。と意気消沈しながら、窓の開閉ボタンを押すと、一応、窓が動き、少しだけホッ、、、
その後、高速をまさに矢のように飛ばす運ちゃん、辺りはすっかり夕闇に包まれる中、ふと気づくと、ライトつけて無い?しかも、ほぼ車線と車線のど真ん中(つまりラインの真上)を爆走します。
金額も判らず、暗闇を爆走し、到着早々、かなり凹んだ状態で1時間ほど過ごし、なんとか無事アパートに到着したところ、金額は、ごく普通、しかも発票も普通に発行して貰って無事下車することができました。
結局、本物のタクシーかどうかは判らずじまいでしたが、たぶん、運転手が正規の人では無かったのかなと思いました。
以前、こちらのパートナーの中国の方から、上海では、濃い色のタクシーは気をつけた方がいいとは言われてましたが、まさか空港のタクシー乗り場でもその有様かと思い、やっぱり侮れないなぁと再認識した次第です。
気をつけないと。でも、乗っちゃった後じゃ、降りるのはほぼほぼ無理なんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/27

中国式ダイエット

二週間の出張を終え、無事帰国しました。

帰りは、例によって龍陽路から浦東まで磁浮快車を使うため、ホテルから駅までタクシー。
今回は、本物のタクシーに乗れたので、50元ちょっと!行きの1/8ですた。。。
帰り道は、特にこれといった問題なく、空港に着きチェックインし、出国手続き。メールで指示された化粧品を購入しつつ、いつもの通り、一番外れのゲートまで歩いていくと、ゲートが変わったとのこと!慌てて、出国カウンター付近のゲートまで戻ると、既にボーディングが始まってました。
若干、離陸に時間は食ったモノのの無事、帰国することが出来ました。
帰って、極々普通の晩飯を食って早めの就寝したのですが、明け方、お腹に異変を感じて、トイレに行くと”シャー”という感じの下りっぷりです。その後、腹痛もやってきて、昼過ぎは熱も出てきました。
”あ~、明日も熱下がらなきゃ、保健所だなぁ”なぞと考えながら、時折襲う腹痛と便意。そして熱の怠さ。
結局、夜には、熱も下がりましたが、腹痛のため、丸二日間、寝たきり状態でした。
翌日には、アポもあったのでしっくり来ないお腹を抱えつつ、出社し、なんとか切り抜けましたが、お昼は、翌日も食べる気がせず、結果、4日間で7食程度という過ごし方でした。
お腹を壊してから5日目、もしかしたら痩せたかもという淡い期待で載った体重計、なんと出張前に比べて4kg減!この数日間というより、出張も合わせての減量とはなったのでしょうけど、顔の輪郭も厚皮1枚分くらいはほっそりした気がします^^
かみさんからは、お腹壊してのダイエットは、直ぐリバウンドするよっていうのを肝に銘じつつ、ちょっとだけ気をつける毎日です。
ちなみに何故お腹を壊したかは、未だに謎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/10

白タク

約半年ぶりに上海にやってきて、初日に白タクに乗るというミスを犯しました。

まあ、言葉もわからず、片言の英語だけでなんとかしようという時点で無理もありますが。
上海 浦東空港に着いて、いつもなら迷わずタクシー乗り場からタクシーに乗るところ、時間も早かったんで、一度は乗りたいリニアモーターカーに乗ろうと、勇んで乗り場へ。
なんの問題もなく、あっさりリニアに乗り、時速300Km/hの表示に盛り上がる白人グループを脇目にしながら、あっさりと龍陽路駅に到着。

意気揚々とタクシーを探しながら、駅の階段を下りると、タクシー乗り場っぽい看板が通りの向こうに見え、手前にも何台かのタクシーが並んでます。
深く考えずに手前のタクシーに乗り込もうとして、どこまでだと聞かれ、手持ちのGoogle Mapをプリントしたのを示しながら、住所を伝えると、なんとか通じたようで、トランクに荷物を載せ、車の中へ。
その後、再度、地図を見ながら行き先を確認されてやり取りがあってやっと出発、となったところで、メータがなんか変なのと運転手の身分証明書が無いのに気付いた時には、後の祭りです。
しかも、走り出して直ぐに、ドアのロックのぽっちが外されてる。。。窓のスイッチも壊されてる。。。
あぁ、、もう白タク決定っていう時点でかなりお先真っ暗になりましたが、途中、携帯でマップを見る限りでは、目的地には、向かってくれてるようで、後の不安は、荷物は、ちゃんとトランクに載ってるんだろうか?でした。
かなりブルー入りながら、なんとか目的に到着。請求された金額は、通常料金の6倍強!浦東空港からでも往復乗れる金額です。
さんざん高い、まけろ、これにしか持って無いを繰り返しながら、”なら駅に戻るか?”を繰り返しながら、ほんの気持ち程度まけさせて、降りることが出来ました。荷物も無事、手元にもどり、なんとか一息つくことが出来ました。
後から、上海人に、”ああ、あの駅の前で止まって待ってるのはダメですよ。車から降りて待ってるタクシーなんて無いですから”。ん~確かに。。。
見た目は、タクシーの古いのを使ってるから、見たまんまだし、あとは、中の運転手の許可証が無いとかメータにへんな目隠ししてるとかでしょうか。
まあ、観光客狙いなんで、場所柄や、荷物もポイントでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/23

Annabel Lee Shanghai

昨年三度ほど上海を訪れる機会があり、かみさんよりお土産としてアナベルリーのものを買ってこいと指示が出たので、店を探して行ってきました。

最初は、新天地という表参道みたいな欧米ブランドショップが並ぶ一角に三坪ほどのアンテナショップみたいなところに行って、シルクのマフラーやら小物を手に入れて帰ってきましたが、思った以上に良い感じだったので、再度検索したところ、旗艦店がオフィスから歩いていける外灘にあることがわかったので、再訪しました。


undefined

こちらは結構広く、洋服や装飾系の小物も豊富です。まあそっちは興味の範囲外なのでテーブルウェアやトートバッグが置いてあるゾーンへ行くと先客が居て、店員と日本語でやり取りしてました(^-^;

品揃えも色も豊富なのでどうせ行くなら、こっちのお店の方がお勧めです。
南京東路の駅から十五分というところでしょうか。

入り口では猫が出迎えてくれます。

undefined

さて、週末そんな店に行ったんだと、現地のスタッフに話したところ、へー、そんな店があるんですかぁ、との反応。サイトを見せたら、あ~、mujiみたいなお店ですね、(-_-;)
元日本人向けツアコンの女の子スタッフもほぼ同じ反応だったので、現地では無名なんでしょうね。と言うか、BAND(外灘)にある店なんかで買い物しませんよって所が正直なところでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/27

覆面パトカー

先日、東北道をひた走り2泊3日で1,300kmあまりの遠出をしてきました。

普段、あまり出番の無いうちの車もさぞびっくりしていることでしょう。途中でへそ曲げなくて良かったぁ(^-^;

今回使った東北道は、元々、距離が長い路線で比較的直線距離が多いため、自動速度取り締まり機(所謂オービス)が諸処設置されています。事前にWebサイトの情報や、数年前に同ルートを通る際に購入したレーダー(松島近辺で一般道の取り締まりポイントで役に立ったので個人的には元取り済み)が役に立って、そちらは、ほぼ問題ありませんでした。もっとも、オービスに引っかかるほど飛ばすことはほとんど無いので、あまり意味は無いかもしれませんが。

行きは、休日と言うこともあってほとんど遭遇しなかったのですが、帰り道(特に平日となった最終日)は、あちこちで覆面パトカーを見かけました。

最初は、直線の終わりくらいで止められているベンツ。次は、なぜか赤灯回しながらICを降りていくところ。ついで、登坂車線で止められている軽(たぶん、登坂車線から追い抜きしちゃったんだろうなぁ)。

最後は、これまたほとんど直線が続く道で、長距離トラックを追い越ししているときに後ろに迫ってきたクラウン、ちょっと煽られ気味に迫ってきたので、先に行こうか、行かせようか迷って、長旅もあって、走行車線に戻ったところ、一緒に後ろについてきました。あれ?と思って、先も空いてるのにヤな車だなぁと思ってたら、急に追い越し車線に出てかっ飛ばして行くので地元の奴かと思ったら、いきなり赤灯出して、先を行くセダンを追いかけ始めました。

何気に見たナンバーは、ふつうの3ナンバーだし、ぱっと見、ごくごく普通なクラウンです。最新のものだとわかりませんが、私のレーダーは、一応、カーロケやら無線やら入ってる奴ですが、まったく無反応でした。

煽られたなぁと思ったときに、アクセル踏み込んでたら一発アウトでした。覆面には、まったく無防備だっただけに、ちょっと見た目で判断できない彼らには要注意です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/26

北海道新幹線

思いもかけず、厳しい暑さの続く夏の一週間を涼しい北海道(地元民は暑い暑いと言ってましたが)で過ごすことになったわけですが、地元のニュースを眺めていたところ、北海道新幹線について知事が政治家へ陳情すると言ったニュースが流れていました。

ふと思ったのは、冬どうするんだろう?てところで、札幌在住の兄姉も、どうせ冬になったら徐行運転だろうし、東京より西の人間は、飛行機使うだろうって。速度確保するには、札幌の地下鉄みたいにシェルター(地下鉄が地上にあがった部分は、シェルターで囲われています)とかにするしかないだろうし、そうなるとえらく高価な建築物です。建築業者は狂喜乱舞するかもしれませんが。

ちなみに、北海道新幹線でググったら北海道庁のこんなページがヒットしました。中を読むとなんと東京→札幌間が4時間を切ってるじゃないですか!へ?確か、東京→八戸って3時間ちょいでしたよね?そこから同じくらい距離がある札幌まででなんで?

と思ったら、小さく360km/hで走行の場合って。N700系のぞみでも営業最高速度300km/hだって言ってるのに。車体も新開発ですか?

素人考えですが、そんな誰が乗るかも保証できない新幹線なんか作るより、千歳空港から道内主要都市への弾丸特急(古い?)を作ってくれた方がよっぽどうれしいと思うんですけど。

取りあえず、新千歳空港→札幌は、10分くらいでお願いしたいです。

あと、航空券も安めでお願いします。
新幹線にかける開発費で相当の援助や整備が出来ると思うんですけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/27

三七堂の謎

ウチのマンションの目の前にある文房具屋さん『三七堂』、結構古くからありそうな文房具屋さんで子供の勉強道具なんかでお世話になっています。

さて、この三七堂、お世話になっておきながらなんなんですが、まあ、よくある商店街のなかの、ごくごく普通の店構え&品揃えのお店です。しかし、ここ数年で二回ほど開店前から人が並んでいるのを見かけました。

たぶん、9時半とか10時くらいに開くんだと思うんですが、朝、犬の散歩に出かけて戻ってくる9時少し前には十数人程度の列ができています。客層的には、小学生くらいの子供を持つ親や祖父母といった風情ですが、すごく気になります。

いったい、商店街の文房具屋さんで並ばなきゃいけないほど手に入りづらいものって何なんでしょう。

次に見かけたら、取りあえず並んでみようかな

って、並んでる人に聞けよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/15

札幌

このお正月、帰省を兼ねて札幌へ行ってきました。

実際には、正月明けの5日朝から7日朝までのかなりのショートトリップですが(^^)

しかも、実家に泊まると外出もし辛いかと思って駅前のホテルをとりました(親不幸もいいとこですね)。
さて、三年ぶりくらいの札幌ですが、

続きを読む "札幌"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/10

堂ヶ島

先週末、念願叶って西伊豆 堂ヶ島に行ってきました。
何が念願かって言うと、東京に住んで20年以上が過ぎ、伊豆半島に10回以上は、足を踏み入れているはずですが、西伊豆に入り込んだことはありません。

旅行案内や、旅番組で見るたびに行ってみたいなぁと思い続けていたのでした。

この夏は、例年の丸一週間の休みが取れそうもなかったので、かみさんと相談して、月曜日を有給にして3連休でいけそうで近場で小綺麗な場所と言うことで西伊豆に決定しました。

宿泊は、『堂ヶ島 ニュー銀水』を選択。部屋もいつの間にかアップグレードしたらしく見晴らしのよい部屋でした。部屋からの眺めは、こんな感じです。

DSC02589

続きを読む "堂ヶ島"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/01/23

AQUA STADIUM

週末に品川のAQUA STADIUMに行ってきた。他にもいろいろ目的はあったのだが、子供向けのイベントとして、一応、メニューに組み込んでおいた。いまさら感はあるが、出来た時に行ってみようと思ったままになっていたので行くことにした。知人からは、いまいちだよと聞かされていたのでそれほど期待はしていなかったが、意外に街中にある水族館にしては、楽しめた。

続きを読む "AQUA STADIUM"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/12/31

Trip to Seoul#3.5

ソウル3日目夜。ついに念願の焼き肉屋さんへ。
寒さと疲労の1日観光から戻り、ホテルの部屋で夕飯の相談。かみさんは2店ほど調べてきており、1つは、ヨン様も行くという高級焼肉店。もう一つは、日本人観光客から絶賛の焼肉店。子供いるので後者に決定。ただ、ホテルからはちょっと離れた、梨泰院にあるため、どうやって行くかちょっと悩む。

続きを読む "Trip to Seoul#3.5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Trip to Seoul#3

ソウル3日目。地元旅行社の1日観光ツアーを申し込んだ。かみさんも何度かソウルに来ているが、いつも買い物と食事しかしてないとのことなので、今回は、さらっと観光することに。

続きを読む "Trip to Seoul#3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Trip to Seoul#2.5

ソウル2日目、夜。お隣のシェラトンのB1にあるシアターレストランでディナーショーを楽しむ。おじさんのイメージとしては、日本の温泉街のでかいホテルのディナーショーを想像してしまうが、見終わった感想は、かなり楽しめたが、まあ似た感じ。

続きを読む "Trip to Seoul#2.5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Trip to Seoul#2

ソウル2日目。子供向けイベントとして、”ロッテワールド”へ。
(うち的には)やる気満々で9時には、ホテルを出てタクシーへ乗り込みいざ出発。
ホテルからだと15分程度でつくが、”あれ?やってる気配がない”。っていうか周りの店もまだ開いてない。。。

続きを読む "Trip to Seoul#2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Trip to Seoul#1

今年のクリスマスは、ソウルに家族旅行に出かけた。子供にとっては、初海外だったけれど、羽田発の上、沖縄に行くのとほとんど変わらない時間でいけるので、本人にその自覚は無さそうだった。唯一、今回初めて作ったパスポートを見せるという行為ぐらいか。
3時過ぎの羽田発ソウル金浦空港行きのJAL便で一路ソウルへ。海外に行くのに国内航空の便に乗るのは初めてだったが、あ~これが、現地の空港まで日本を持ち込む感覚かと妙に納得。
2時間半ほどでソウル金浦空港へ。

続きを読む "Trip to Seoul#1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/27

伊豆のMuseum

伊豆旅行の続き。
伊豆に来たのは久々だが、前日の渋滞疲れもとれぬまま、台風の影響で雨の降りしきる伊豆高原へ出発した。
とりあえず、事前に調べておいた、蝋人形博物館へ。建物は、でかいが中が怪しい。入り口に立ってるオーナーらしきおじさんがまた怪しい。入り口で、今日は、+200円でもう一つの”動く人形博物館”も見られるとのことで、そちらのチケットを購入。
世界一、でかい人、太った人、小さい人などの蝋人形に出迎えられ、一通り見てまわると、子供とかみさんは、結構楽しいらしいが、個人的にはちょっと気持ち悪い。
武田信玄とか上杉謙信とかもあるんだけど、何が根拠であの顔なんだろう。
それにしても、

続きを読む "伊豆のMuseum"

| | コメント (0) | トラックバック (0)