« 夏の香り-やっぱ最高! | トップページ | ガラスの華 - 6話 »

2005/03/14

ガラスの華 - 5話まで

そりゃ、ギテは親友。
ギテがジスにプロポーズするって聞いたからって、ドンジュがあきらめることはないと思うよ。
ドンジュは、ずっとジスの事を忘れなかったんだもん・・・・
(でも、女遊びはほどほどにしないと♪ゆううち~)

ドンジュが日本の夫婦(日本人じゃなくて、在日の夫婦だったんですね)の養子になって、ゆういちとして生きてきた・・・日本語よりハングルの方がペラペラ・・・おかしいだろぉ・・・
で、養子にするには、それなりの手続きも必要だろうしね。それなのに、シスターも死んでると思っていた・・・
大人になって帰ってきたドンジュを目の見えないシスターが声だけで当てました。え?無理でしょ~。
ドンジュ、記憶はどうなったん?記憶喪失はどこまで?
生まれた街だけが思い出せないと言っていたような。でも、あんがい昔の事、よくおぼえているじゃん。

・・・・このドラマは、そういう細かく視聴者をいらだただせる内容が随所に組み込まれていて、それも監督の作戦なのかも・・・あ~、イライラする

ギテは、ジスに友達って言われてるのに、少々しつこいような。
外国に一緒に行きたいっていっても、ジスはことわったじゃん。
だって、好きなのはドンジュなんだもん。
踊り場でしゃべっただけで、体の関係を疑われちゃうなんて、ひどい会社。なんといっても会社名があやしいし。
でもって、ドンジュに、会社では他の人と同じに扱ってほしいってジスがいったけど、だからって無視しなくてもいいじゃん。ジス、理由を言わないと。理由を!
ドンジュも、普通に扱えばいいのよ。普通に・・・。無視しなくってもいいのよ。ジスしかいないときは普通に話せばいいのよ。みんな大人なんだから~!

ドンジュが酔って会社に現れ、ドンジュをジスがホテルの部屋まで送ります。
タイミング良く、ギテがドンジュの部屋にやってくるところから今日の6話がはじまります。
ジスも隠れることないじゃん。ドンジュと同じ会社だってことも、ギテに早く言えばいいのに・・・

あ~、やっぱりこのイライラが、監督の思うつぼなのかもしれない・・・と思いたいです。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42274/3294600

この記事へのトラックバック一覧です: ガラスの華 - 5話まで:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)