« 1%の奇跡 - 3,4話 | トップページ | ラブレター - 1,2話 »

2005/06/28

1%の奇跡 - 5,6話

このドラマ。ラブコメ好きな私にはたまりません。

donwon02チェインがタヒョンとのデートに、会社主催のコンサートに誘う。
御曹司が女連れできたら、そりゃ新聞沙汰にでもなるだろうし、チェインはそれを狙ったようだ。
帰り、仲直りのためにお茶しようと誘うチェイン。
タヒョンの嫌いなクラシックが流れる喫茶店に。
そこでの二人の会話。すごくいい感じだった。チェインがいつもとは違って、優しい笑顔。すごく楽しそう。
コンサート会場で買ったキーホルダー(お金はチェインが払ったが)を、
帰りの車でチェインにプレゼントする。チェインはすごく大事そうに握ってた。
おそろいのものをプレゼントって、おいおい。タヒョンもそれほどでもないのかな?
車をおりた後に鍵をチェインの車に忘れたことに気づくタヒョン。
チェインもそれに気づき、タヒョンの家まで戻ってくる。
鍵を渡すときに、バイクが通りかかり危なかったので、タヒョンを引き寄せて守るチェイン。
キスしそうになり、タヒョンに足を思いっきり蹴られた・・・

コンサート会場でとられた写真と記事の大半は出ないようにしたが、いくつかは出てしまった。
それを見て、タヒョンは怒る。
でも、当日、「まっすぐ前を見て、知らん顔をしろ。責任は先生にあるぞ!」と言われたのを思い出し、やられたっ!
交際契約書には、交際していることを公表しないという1文があるのに・・・

チェインとのデートで絵の展覧会にいった。
喧嘩している二人は、別々で会場に入ることに。
しかし、その会場には、タヒョンのことを好きなカン先生がいた。
カン先生がタヒョンに近づいて行くのをみて、チェインは急いでタヒョンの元に戻る。
やっぱり、嫉妬しているみたい。可愛い・・・

次のデートでは、仁川にくるようにタヒョンに言われ、チェインが仁川にやってきた。
タヒョンの用事につき合わされ怒ったチェインは、犬鍋の店に入ろうとする。
タヒョンが嫌がるので、別の店に変更。
店を変えたことを恩着せがましく言うチェイン。

その次のデートの当日、タヒョンの悪口をチェインが言っているのを聞いたタヒョン・・・
そこでこの回は終わり。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42274/4743394

この記事へのトラックバック一覧です: 1%の奇跡 - 5,6話:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)