« 時間にルーズな人 | トップページ | 結婚したい女 - ~最終回 »

2005/07/11

ラブレター - 最終話まで

ラブレター。期待していなかったのに、結構良かったです。
泣いた、泣いた。

このドラマは、ウジンのしつこさがすごく嫌だったのですが、父の死から、ウジンの執着愛もあきらめられたようだし。
ウナは病気になっても気丈に振る舞って、アンドレアを神父にするのですよ。
神父になる夢をあきらめて、ウナと結婚するっていってるのに。

アンドレアが神父になり、ウナが目を覚まして最終回を迎えましたが、これは一応ハッピーエンドってことで良いのでしょうかね。
ウナが目を覚ますなら、アンドレアが神父にならずに結婚できた方がよかったんじゃないかな~。

神父が結婚できないこと、この歳になって知りました(単に興味なかっただけだけど)。ドラマって勉強になるな。
「神父」ってのはカトリックの坊さんで、結婚は出来ず、生涯独身。
「牧師」ってのはプロテスタントの坊さんで、多分、宗派によるだろうとは思うが結婚は出来るし子供も作れる。
であってるでしょうか?

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/42274/4924242

この記事へのトラックバック一覧です: ラブレター - 最終話まで:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)